語学留学の目的

語学留学の目的のほとんどは英語力向上だと思います。

『海外で英語を学ぶのが1番』と以前からよく言われていますが、どのくらいの期間留学すればどの程度の英語が話せるようになるかというのは、あまり知られていません。それどころか『留学しても英会話ができるようにはならない』という意見も、ほとんどの方が目や耳にしたことがあり、留学生を不安にさせているのではないでしょうか。

さらに、最近ではインターネットの普及により『日本にいても英語はマスターできる』という意見も多く、日本にいながらネイティヴに英語を学ぶサービスもあり、多くの方が英語の学習法について迷っていると思います。

日本でも英語が学べる中、留学することのメリットは何なのでしょうか。

経験からいうと、『学習期間の短縮』が大きなメリットではないかと思います。(学習時間が短くなるというわけではなく、同じ期間でもより多くの時間を英語に費やせるという意味です)日本でコツコツと勉強を続けるより、英語環境に身を置いて英語学習だけに集中したほうが短期間に多くの時間を英語に費やせ、実生活においても英語を学ぶことができます。

私自身もともと英語が苦手で、当時すでに社会人だったこともあり、仕事で疲れた状態で毎日勉強は「私には無理!」と思い留学を決めました。もちろん、留学しただけで話せるようになるという訳ではありませんが、英語環境に身を置き、ただひたすら英語の勉強に集中するという方法は私に合っていました。日々のやるべきことが英語学習のみなので、迷ったり悩んだりせず取り組めたのかもしれません。

もちろん同じ期間留学しても一人ひとり違った結果になるのですが、留学期間と英語力についてだいたいの目安を経験談も踏まえながらお伝えしていきたいと思います。

語学力レベル分け

語学留学の場合は入学の初日にレベル分けテストがあり、レベルに合わせたクラスでスタートします。語学学校の規模(生徒数)等によってレベル数は異なりますが、初級レベルからクラスがあるので、英語が苦手という方でも安心して留学先を選べます。

まずは、だいたいの英語レベルについて目安をご紹介します。

初心者(Beginner)
簡単な挨拶ができる程度で、相手が何を言っているかは殆どわからない状態。中学・高校と英語学習をしている日本人では少ないですが、アルファベットからスタートというような学校もあるというレベル。

初級(Elementary) 
あいさつや簡単な表現や単語を理解できるレベル。話している内容を、状況や相手の表情、知っている単語から何となく理解できるが、文法的な知識が少なく、言いたいことを上手く文章にできない。

初中級(Pre-intermediate)
英文法の基礎を理解し、基本的な英語を使ってコミュニケーションが取れる。語彙がまだ少なく、旅行中に必要になる英会話程度はできる。

中級(Intermediate)
表現内容や方法に偏りがあるものの、日常の簡単な会話を理解し、話すことができるレベル。読み書きもある程度でき、授業内容もほとんど理解ができ、文法を交えた会話ができる。

中上級(Upper-intermediate)
文法がしっかり理解できており、多少の間違いはあるものの、得意分野では問題なく話すことができるレベル。専門的な分野や複雑な語彙は少ないものの、日常会話では困らない英語力。

上級(Advanced)
進学に必要な高い英語力。専門的な内容も英語で伝えられるようになり、全ての分野で高い英語力が身に付き、自分の意見を流暢に表現することができる。

その上は、ほぼネイティブレベル。複雑な文章やスピーキングなど、問題なくこなすことができます。

各レベルの学習期間の目安

個人の学習スピードや、語学学校のレベル数、受講レッスン数などによって、語学力の伸びには個人差がありますが、だいたいどの語学学校も1レベル8〜12週間程度のカリキュラムになっています。

・初級:8〜12週間
・中級(下):8〜12週間
・中級:8〜12週間
・中級(上):8〜12週間
・上級:8〜12週間

つまり、語学留学の平均的な学習進度の目安は、初級レベルから中級レベルに達するまでに2〜3ヵ月、中級レベルから上級レベルに達するまでに6~9ヵ月ということになります。あくまでも、上記は目安であって、同じレベルを2度繰り返さなければならない人もいれば、理解度が高ければ早めに上のクラスへ上がれるという人もいます。

留学の目的と留学期間

私が留学をした理由は、一番単純な『英語を話せるようになりたい』です。結果として『英会話ができるようになった』ということができる程度、つまり、中上級程度を目標にしていました。

その上で「どうして留学なのか?」と聞かれれば、語学留学がそのための1番の近道だと思ったからです。日々の仕事におわれ、『オンライン英会話』、『毎日コツコツ』、『聞き流すだけ』と言われても継続するどころかスタートする自信すら持てず、留学という方法を選びました。

もともと苦手な英語でしたが、最初の1ヶ月で今まで曖昧にしていた英文の仕組みを理解することができました。1ヶ月で多少なりとも成果がでたので、これまでどれだけ英語学習から逃げていたのか、思い知らされた気分でした。

もちろん、『留学すれば、英語が話せるようになる』というわけではありません。ただ英語環境に身をおき学校に通っていても、勉強をしなければ英語力は向上しません。しかし、留学という選択は私にとってはベストだったと思っています。短期間で結果が見えるのでやる気がでて、モチベーションを保ちつつ、実戦で使うことで英語力の向上を体感できました。また、世界中に友人ができたり、自分の視野も日本にいたときよりも広がったように思います。

それから半年間続けましたが、語学というのは本当に『継続は力』だと感じました。語学学校では毎日新しいことを学び、ホストファミリーやネイティヴの友人に発音を聞いてもらい、1日1日力がついていったように思います。最終的には、留学後に現地のイベント会社に就職ができるほどの英語力は身につけることができました。

留学期間について迷っている方は、中級、中上級以上までに必要な期間など、レベルを目標に考えていただくのも良いと思います。

♥留学したい方へ♥女性のための留学BOOK(pdf)無料プレゼント!>

投稿者プロフィール

Miyu
Miyu
ヨーロッパ在住の元留学カウンセラー。オーストラリア、カナダ、ヨーロッパに留学とワーホリ、また海外のイベント会社にも勤務経験を持つ。現在はヨーロッパと日本を拠点に仕事で活躍中。