経験者が教えるワーキングホリデー成功の秘訣&体験談、準備や方法などの情報が満載!

MENU

カナダワーホリの仕事の探し方、履歴書の書き方、面接の受け方

カナダのワーホリでの仕事の探し方についてです。カナダではワーホリで仕事をする人が多いと思いますが、現地で仕事をするには簡単な仕事であっても、ある程度の英語力が必要です。当然ですが英語の履歴書や面接をクリアしなければなりません。

ワーホリではどんな仕事ができるのか?

カナダのワーホリでできる仕事についてですが、ちょっと期待と違うのでがっかりさせると申し訳ないのですが・・・。まずワーホリがしている一番多い仕事は飲食関係のウェイトレスやキッチン、その中でも日本食レストランです

ワーホリの間ではジャパレスと呼ばれていますが、オーナーが日本人だったりするので面接などでも英語力が不要だったりします。さらにキッチンなどで調理や皿洗いになると同僚も日本人ばかりで全く英語力がなくても働けます。

英語力をアップしたい人には敬遠される職業ですが、現状かなりのワーホリの方は、飲食店、それも居酒屋や日本食レストランでかなりの人が働いています。それが嫌な方は本気で英語を勉強する必要があります。はっきり言って渡航前にTOEIC500点くらいで3ヶ月学校に行ったくらいだとこのレベルです。あと英語力を使わない仕事だと、観光地では日本人向けのツアーガイドも多いですね。

次に少し英語が出来る人は、現地の人と一緒に働く、日本食以外のレストラン、コーヒーショップ、アパレルショップ、などでお仕事をしています。こちらもジャパレスよりは英語環境ですが、オフィスワークに比べるとそんなに難しい英語は使いません。それでも英語環境で初めて仕事をする人にとっては苦労が多いです。私もカフェで働きましたが最初はお客さんや同僚との会話も難しかったです^^;

その他には、留学エージェントや語学学校などで留学生向けの仕事なども定期的に募集があります。

給料は?

お給料は日本のアルバイト程度だと思って下さい。時間数によりますが、週末や短時間のパートタイムだと月に$500~600、毎日フルで働いて $1,000くらいです。お給料だけでの生活は結構厳しいと想いますので、生活を補うものと考えたほうがいいと思います。

ただ職種にもよって、ウェイトレスなどはチップがもらえる分お給料がいいです。チップは個人でもらえたり、分けたりルールは様々ですが10%になるのでお客さんが多いお店だと貴重な収入源です。

キャリアになるようなオフィスワークはできるのか?

そしておそらく期待している人が多いオフィスワークはワーホリでは非常に敷居が高いです。まず短期間で英語もネイティブ並にできない人へのオフィスワークの求人がありません。運良く募集が出ていても、 TOEIC850点とネイティブ並に英語を求められたり、日本人向けの旅行代理店などで日本人向けのお仕事だったりします。

オフィスワークをしたい人は有給はあきらめて、語学学校が提供している無休のインターンシッププログラムをすることをおすすめします。インターンの手配料は必要ですが、学校が提携している人気企業などでインターンができます。ただし仕事はファイリングやデータ入力がほとんどですので、カナダの企業の雰囲気を味わう体験だと思った方がいいです。

ワーホリや留学生が甘いと思うのは、渡航前に英語力が片言しかないのに、海外に行ったら数ヶ月語学学校で勉強し、海外の企業でインターンでキャリアアップというあり得ない夢を持っていることです・・・。今まで何年英語を学校で学んでそのレベルか考えてみれば、それが無謀だと分かるはずです。

ワーホリの目的が英語力アップであれば、渡航前に必死で英語の勉強を努力することをおすすめします。

仕事の探し方

仕事の探し方ですが、留学生や日本人向けの求人であれば、カナダ留学情報サイドの掲示板、フリーペーパー、求人サイトです。お部屋探しでも紹介しましたが、下記のようなところが有名です。

e-Maple: http://www.e-maple.net/

bits: http://www.bitslounge.com/

jpcanada: http://www.jpcanada.com/

また日本人向けの求人掲載サイトの人材カナダは、旅行会社や留学エージェントなどオフィスワークの求人が出ている事が多いです。

人材カナダ:http://www.jinzaicanada.com/

またカナディアン向けの情報であれば、日本でアルバイトを探す時と一緒で、働きたいお店のホームページや店頭に求人の張り紙がないかチェックしてみるのがいいと思います。

特に履歴書を持ってお店に行ってアルバイトの張り紙を見たのですが・・・と言えば英語力に自信がない人でも安心です。マネージャーが入ればそのまま面接ですし、不在であれば電話するよ、とか、◯日に来てね、と言われます。

履歴書の書き方

履歴書は日本のようにフォーマットがありません。Wordなどで作成します。よほど能力を求められる仕事でなければ、日本の職務経歴書のような詳細な記述までは要りません。履歴と一緒に簡単にやった仕事を書くのがいいと思います。

書き方は大手英語サイトのアルクのサイトが、大学生、社会人など、タイプ別にサンプルがあるので参考になります。できれば語学学校に行っている間に、学校の先生などに質問して完成させましょう。

アルク英文履歴書実践マニュアル

面接の受け方

面接の受け方ですが、日本と一緒でアルバイトの場合はそんなに難しいことを聞かれません。自己紹介と、どうしてカナダに来たの?カナダは好き?日本でしていた仕事は?とかそんな質問が多いです。あとは業務時間などの確認です。

多少英語が間違ったり発音がおかしくても、移民の国であるカナダでは外国人の英語力には寛容です。印象が大事ですので、はきはき、しっかり答えることが大事です。

Copyright © カナダワーホリ完全マニュアル All Rights Reserved.