経験者が教えるワーキングホリデー成功の秘訣&体験談、準備や方法などの情報が満載!

MENU

ワーホリのためのカナダ都市比較

カナダワーホリにおすすめの都市を比較してみます!一番人気のバンクーバー、続いてトロントの二大都市に留学生やワーホリが一番多く、次にカルガリー、ビクトリア、オタワなどが続くようです。

anna_a2以前はバンクーバーがだんとつで人気でしたが、最近は日本人やアジア人が多いということでトロントの人気を二分しているようですね。私はトロントに住み、旅行で多くの都市を周りましたので各都市の特徴をまとめてみました

 

カナダの各都市の特徴

バンクーバー

温暖で自然が豊かなバンクーバーは世界一住みやすい都市に連続で選ばれています。ワーホリも多く、学校ではワーホリ向けの就職対策コースがあります。またカフェが多い街でも知られており、語学学校でもバリスタのコースがあったりします。語学学校や専門学校の数も一番多く、英語を学ぶ環境はおすすめです。ビクトリア、シアトル、ウィスラー&ブラッコムへも旅行や遊びに行けます。ただ街が小さいため、どうしてもアジア人や日本人が街の中心に多く集まるのが英語環境を求める留学生には気になるようです。

トロント

カナダ最大の都市で、英語も北米のアナウンサーの標準語になっているほどきれいです。語学学校の数も多く、質も高い学校がそろっています。日本人もバンクーバーほどは気になりません。大都市なだけにワーホリの仕事もたくさんあり、カルチャースクール、国際映画祭でのボランティア、大リーグなどスポーツ、ミュージカルも楽しめて文化面でも充実しています。ナイアガラ、ケベック、モントリーオール、ニューヨークなどの旅行も楽しめます。ただ冬の気温が低く、真冬は厳しい寒さとなります。

カルガリー

ロッキー山脈に囲まれ自然が豊かな小さな街です。近年オイルマネーの影響で仕事がたくさんあり、大都市ではワーホリが働くことが難しい、スターバックスなどの大手コーヒーショップややGAPなどの有名アパレルでもワーホリがたくさん働いています。時給も他都市よりも高いようで、ワーホリで仕事をするなら実はカルガリーかもしれませんね。ただ語学学校の数は非常に少ないです。

オタワ

カナダの首都ですが、規模は大きくありません。語学学校の数も少なくしっかりしているのは3校程度でしょうか。あまり勉強には向いていませんが、日本人率の低さでは知られており、日本人が少ない環境を求めて滞在する人は多いです。ひと通り生活に必要な物は揃っているので住みづらいということはないと思いますが、冬はかなり寒さが厳しくなりますので覚悟が必要です。

ビクトリア

観光地としても有名な海と自然が美しい島です。ただとても小さな島ですので、生活環境が整っているとは言えません。学校もほとんどありません、そのため学校によってはほとんど日本人だったり、逆に日本人がいなかったり、留学生によってバラバラの感想なので時期によっても異なるようです。仕事も少ないですが逆にワーホリも少ないですので競争率も低いようです。観光地としてはおすすめですが住むとなると短期がいいかもしれませんね。

ケベック・モントリオール

ヨーロッパを思わせる歴史ある建築が並ぶ街並みです。その雰囲気はヨーロッパ旅行の気分を味わえて素敵な街です。ただ、街の中で話される会話、看板やレストランのメニュー、全てがフランス語です。カナダ人もフランス語を学びに来ているくらいです・・・。そのためフランス語を学ぶために留学したい!という人にはおすすめですが、英語を勉強したい人にとっては、このような生活環境で英語を学ぶのは少々難しいかと思います。

ロッキー、ウィスラー・ブラッコム・バンフ

学校の数はとても少ないですので、学校の選択肢はほとんどありません。自然の他にはなにもなく、ある意味勉強に集中できるかもしれませんが、長期間住むのは厳しいかもしれません。仕事という面ではリゾート地で住み込みのバイトなどがあり、ヨーロッパなどからもたくさん働きに来ていてリゾートで仕事をしたいワーホリの人にはおすすめです。

他には、エドモントン、ハリファックス、ナイアガラなどに行かれる方も少数ですがいるようです。どの都市も小さいので、語学学校は1、2校などわずかしかありません。生活や勉強面を考えると少々不便かもしれませんね。

ワーホリの視点からカナダの各都市を比較してみていかがでしょうか?次のページでは、おすすめの都市や都市選びの失敗事例を紹介いたします!

→ワーホリにおすすめのカナダの都市、失敗してしまう選び方とは? 

Copyright © カナダワーホリ完全マニュアル All Rights Reserved.